韓国旅行|【パク·ウンビン】挑戦で培った眩しい価値..『恋慕』→『ウ·ヨンウ』→『ディーバ』3連続ヒットの理由♪

韓国旅行|【パク·ウンビン】挑戦で培った眩しい価値..『恋慕』→『ウ·ヨンウ』→『ディーバ』3連続ヒットの理由♪







パク·ウンビンが絶え間ない努力でフィルモグラフィーを豊かに満たしています。

15年ぶりに無人島から救助された歌手志望生ソ·モクハ(パク·ウンビン)のディーバ挑戦記を扱ったtvN土日ドラマ「無人島のディーバ」(脚本パク·ヘリョンウンヨル、演出オ·チュンファン、企画スタジオドラゴン、製作風ピクチャーズ、カカオエンターテインメント)で主人公「ソ·モクハ」役で毎回名品演技を披露しているパク·ウンビンのフィルモグラフィーが「挑戦」というキーワードで積もっています。

ドラマ「青春時代」、「ストーブリーグ」、「ブラームスが好きですか?」など多数の作品を通じて多様なジャンルを渉猟してきたパク·ウンビンは、2021年KBS2月火ドラマ「恋慕」で時代劇史上皆無の男装女子王「イ·フィ」を演じ限界のない演技力を見せました。

パク·ウンビンは「イ·フィ」に完璧に扮し、自身の秘密を暴こうとする人々との激しい政治争いはもちろん、幼い頃の初恋チョン·ジウン(ロウン)との宮中ロマンスも卓越に消化しました。

これを証明するかのように「2021KBS演技大賞」で最優秀賞とベストカップル賞、人気賞まで3冠王の栄誉を抱き「挑戦」を成功に導きました。













以後、パク·ウンビンはドラマ「ウ·ヨンウ弁護士は天才肌」で自閉スペクトラム弁護士「ウ·ヨンウ」役を演じシンドローム級人気を牽引し大きな愛を受け、その結果「第59回百想芸術大賞」でテレビ部門大賞を受賞し名品俳優の地位を強固にしました。

自閉スペクトラムを持った人物をパク·ウンビンは話し方と手振り、目つき、歩き方など緻密なキャラクター分析と繊細な表現力、激しい努力で純粋で愛らしいキャラクター「ウ·ヨンウ」を完成しました。

パク·ウンビンではない「ウ·ヨンウ」は想像できないほどキャラクターに同化した彼女の姿は挑戦の価値がどれほどまぶしいかを感じさせました。












そんな彼が披露するドラマ「無人島のディーバ」の中の「ソ·モクハ」は感嘆の連続です。

「ブラームスが好きですか?」でバイオリンを専攻する音楽大生キャラクターを引き受け、手にたこができるほどバイオリン練習をしながら「でも仕方ないじゃないですか。やり遂げなければなりません。」という名言まで作り出したパク·ウンビン。

今回の作品では歌手に挑戦し、これも無駄のない実力で「ソ·モクハ」に完璧に憑依した姿を見せています。

ドラマ撮影がない日は7時間から10時間以上練習と録音で一日を過ごし、直接自分の声で視聴者に真正性のある場面を見せるために努力したパク·ウンビンは、今まで「Someday」、「その夜」、「Mint」、「Here I am」、「Open Your Eyes」、「Until the end」など多数の曲を披露し、「信じて見る俳優」に加えて「信じて好評を受ける俳優」となっています。












このようにパク·ウンビンの絶え間なく続く挑戦は、彼女の固い内面とキャラクターを愛する心から始まり、作品ごとにレジェンドを更新しています。

男装女子王という不慣れな挑戦から自閉スペクトラム症の弁護士、歌手まで、キャラクターを魅力的にさせるパク·ウンビンの変化に富んだ演技力とその原動力となる情熱が今後またどんな行き先に向かって進むか期待せざるを得ない理由です。

パク·ウンビン主演のtvN土日ドラマ「無人島のディーバ」は今週土、日曜日夜9時20分に放送され、最終話までたった2話を控えています。



ひとこと


どの役のウンビンさんを見てもいつもキラキラ輝いて、華奢な体からは信じられないほどの溢れ出る「情熱」が見る者を自然と惹きつけるのですね!


✳︎写真・記事はosen.coよりお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«