韓国旅行|『イルタ·スキャンダル』キラキラ輝く甘草【イ·ボンリョン – シン·ジェハ – オ·ウィシク】♪

韓国旅行|『イルタ·スキャンダル』キラキラ輝く甘草【イ·ボンリョン – シン·ジェハ – オ·ウィシク】♪







ケーブルチャンネルtvN週末劇「イルタ·スキャンダル」にはチョン·ドヨン、チョン·ギョンホに劣らずキラキラ輝く人物がいます。

「イルタ·スキャンダル」の責任をしっかり負っている俳優イ·ボンリョン、オ·ウィシク、シン·ジェハなどイルタ甘草(適材適所に登場し、潤滑油の役割を果たす俳優)がその主人公です。

「イルタ·スキャンダル」の視聴率上昇曲線が怖いほどです。 初回4.0%(ニールセンコリア集計)の視聴率で始まった同作品は、国家代表ハンドボール選手出身の惣菜店社長「ナム·ヘンソン」(チョン·ドヨン)と私教育市場を牛耳る「1兆ウォンの男」数学スター講師「チェ·チヨル」(チョン·ギョンホ)の間で誤解が去り、愛が広がり、最高視聴率13.5%(10回)まで急騰しました。

作品の人気要因には健康で愛らしい話の展開、落ち着いたロマンス呼吸を見せるチョン·ギョンホ、チョン·ドヨンのケミストリーなど多様に存在しますが、その中でイ·ボンリョン、オ·ウィシク、シン·ジェハなど甘草の役割を十分に果たす助演の活躍も欠かせません。

3人は「ナム·ヘンソン」と「チェ·チヨル」の周辺に存在し、笑いと感動、面白さを与えるのに一役買っています。




イ·ボンリョン
私にもヨンジュみたいな友達が一人いたらいいな!







イ·ボンリョンは劇中の「ナム·ヘンソン」の過去をすべて知っているハンドボール国家代表出身の友人「キム·ヨンジュ」に扮しています。

彼女は愛のミラクルを信じるロマンチシストで、同好会に絶えず加入し、男性との出会いを探す積極的な恋愛スタイルを持っています。

このおかげで、チェ·チヨルの下で働くチ·ドンヒ(シン·ジェハ)室長に惚れて、火蛾のように飛び込んでサブラブラインを形成しています。 まだ実現していないものの、元気に直進する彼女の愛は多くの人の応援を得ています。









「キム·ヨンジュ」の存在感はナム·ヘンソンが見当がつかなかったり揺れる時により一層光を放ちます。

普段は仲良く親しい間柄を見せてくれるますが、ナム·ヘンソンがチェ·チヨルのラブシグナルに気づかなかったり危機に直面する度に慰めになる一言を渡し、彼女が崩れないように支えてくれるのです。

同時に姉が捨てた姪「ヘイ」(ノ·ユンソ)と、アスペルガー症候群の弟「ジェウ」(オ·ウィシク)まで面倒を見て、たくましく生きていくナム·ヘンソンの責任感に尊敬する気持ちを表現し「友人」として最も理想的な面貌を見せてくれています。





オ·ウィシク
ヤン·ヒスン作家のペルソナ…。涙·笑いボタン「ジェウ」







オ·ウィシクはアスペルガー症候群を持った「ジェウ」役を演じ、笑いと涙を全てプレゼントしています。

彼は「日常の規則性と反復性が外れることに耐えられない病症の肯定的側面を生かし、国家代表惣菜店の財務責任者を受け持っている」という人物紹介のように、人々と疎通できないということより他の面を眺める視野を持ったという点がより一層強調され視聴者の愛と応援を一身に受けています。

特に彼は「ナム·ヘンソン」と「チェ·チヨル」が初めて誤解するようになるキーを握った人物として活躍し、劇序盤に抱腹絶倒の状況を多数プレゼントしてくれました。

また、魚を放生するチェ·チヨルに惚れた後、「チヨルヒョン」と呼び、明るいファン心を見せて温かく面白い雰囲気を形成しました。










「涙のボタン」も担当します。 大好きな「チョン·ジンギョンさんのワッフル」のためストーカーに間違われ警察に捕まり、姉ナム·ヘンソンを床にひざまずかせました。

弟のために涙で訴えるナム·ヘンソンと「もうチョン·ジンギョンさんのワッフルを食べに行ってはいけないの?」と顔色をうかがうジェウの話は見る人を感動させました。

ヤン·ヒスン作家のペルソナとして知られた彼は「ああ、私の幽霊さま」以後、「知ってるワイフ」「恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜」「一度行ってきました」などヤン作家のすべての作品に出演し「信じて見る俳優」らしい面貌を立証しました。

今回の作品でもオ·ウィシクはぴったりの演技力でより愛らしく可愛い「ジェウ」に仕上げています。




シン·ジェハ
女心スティラー登場…「ドンヒビン、お前が犯人じゃなければいい」







「ドンヒビン」を望む人が次第に増えています。 「チェ·チヨル」の忠実な室長「ドンヒ」を演じた俳優シン·ジェハがいたためです。

善良な顔と安定した演技力で「最近チ·ドンヒがしきりに気になる」という女性視聴者の反応を引き出しているのです。

「ドンヒ」は鋭敏でややこしくて自分をより一層寂しくさせる「チェ·チヨル」の唯一の支援軍です。

「初任講師だったチェ·チヨルを高校生の時から調べて憧れてきた彼は、チェ·チヨルの聖徳であるわけですが、その愛情と儀典が格別で、ドン·ヒビンというニックネームも付けられた」という人物紹介のように、チェ·チヨルのすべてのことに熱心に飛び込んで彼の前途を明るく照らそうと思う人物です。









だからといってチェ·チヨルの機嫌ばかりに合わせるキャラクターではありません。 チェ·チヨルが医大対策クラスから脱落したヘイを秘密裏に家庭教師として教えると言うと反旗を翻し、噂にでもなったら大変だと、チェ·チヨルを惣菜店に行かせないために「いっそ私が料理を習う」とまで言うほど真っ直ぐな忠誠心を見せてくれました。

このような理由から、最近多くの視聴者はドンヒがラブラインの下に敷かれた「鉄玉テロ」事件の真犯人として名指しされるのではないかと心配しています。

オンラインコミュニティには鉄玉テロの犯人ではないことだけを願う文があふれ、「ドンヒ」に対する高い関心を示しています。










ひとこと


魅力に溢れる”甘草”役の俳優さんを紹介する記事が嬉しいです。イ·ボンリョンさんは「ウ·ヨンウ」でも記憶に残る素敵なシーンを作りあげていましたが今回も落ち着いた温かさを見せてくれて…これからも目が離せない3人ですね!


✳︎写真はtvNより記事はkyunghyang.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«