韓国旅行|【チョン·ドヨン – チョン·ギョンホ】『イルタ·スキャンダル』終映の感想…「幸せだった撮影」♪

韓国旅行|【チョン·ドヨン – チョン·ギョンホ】『イルタ·スキャンダル』終映の感想…「幸せだった撮影」♪








「一打スキャンダル」チョン·ドヨンとチョン·ギョンホ、そしてユ·ジェウォン監督とヤン·ヒスン作家が今日(5日)最終回放送を控えて愛情と真心がいっぱい込められた感謝の挨拶を伝えた。

TvN土日ドラマ「イルタ·スキャンダル」は私教育戦場で繰り広げられる国家代表おかず店熱血社長と大韓民国数学スター講師の甘くてほろ苦いロマンスです。

初放送から今まで、ヘンソン(チョン·ドヨン)とチヨル(チョン·ギョンホ)のロマンスで胸をときめかせる甘いときめきをプレゼントする一方、温かい家族愛と清涼な学園ロマンス、そしてミステリーの魅力を人間味あふれる視線で盛り込み、笑いと感動、共感と慰めを与えました。












もうその待望の最終回だけを残している中で、チョン·ドヨンとチョン·ギョンホ、そしてユ·ジェウォン監督とヤン·ヒスン作家が終映メッセージと共に最後の観戦ポイントを伝え、最終回に向けた好奇心をさらに増幅させました。

これまで毎週末の夜ごとに「イルタ·スキャンダル」を本番死守し、熱い関心と愛情を見せてくれた視聴者たちに感謝の気持ちを伝えたのはもちろん、一緒に作業した製作陣と同僚先輩後輩俳優たちに向けた感謝の挨拶まで、今回の作品に向けた濃い愛情を惜しみなく表わしたのです。











まず劇中、ナム·ヘンソン役を通じて特有の愛らしい魅力から繊細な感情演技まで自由自在に披露し「信じて見る」俳優の底力を再び立証したチョン·ドヨンは「始まりはいつも難しく、長く感じられますが、このように最終回を控えてみると、とても短くてあっという間に過ぎたのではないかという残念さが大きく残ります。」

「イルタ·スキャンダル」のナム·ヘンソンは本当にしたかったキャラクターであり、また明るい話を久しぶりに長く待って出会った役です。

台本を受け取った瞬間には「私にできるだろうか?」という疑いもあり自信がなかったですが、撮影をしながらいつのまにかナム·ヘンソンになっていました。」

「それで本当はもっと留まっていたいという気もしますが、いつのまにか最後を迎えるようになりました。」とし、今回のドラマに対する格別な愛情を示しました。

続けて「家族全員が集まって一緒に笑って泣けるような作品が多くなかった中、『イルタ·スキャンダル』は、私もやはり自分の家族と一緒に見ることができた作品なので意味がありました。」

「多くの愛、そして多くの関心を寄せてくださって本当に感謝しています。」と温かい最後の挨拶を伝えました。









続いてチェ·チヨル役を通じて新しい人生キャラクターを更新したチョン·ギョンホは「チヨルと共にしたすべての瞬間、そして本当に好きな監督、作家、チョン·ドヨン先輩と共にできて幸せでした。」

「寂しかったチヨルがヘンソンに会ってさらに成長していく過程の間、私もチヨルと共に成長することができました。 なぜか私と似たような面もあって、それだけに、もっと愛情を込めることができたようです。」と格別の愛情がこもった所感を明らかにしました。

「共にした先輩たち、同僚俳優の方々と監督、作家さん、そして多くのスタッフの方々、皆お疲れ様でしたし、共にできてとても幸せで感謝しました。」

「チヨルはここで最後の挨拶をしますが、視聴者の方々が今後もチヨルを思い出した時、幸せだった感情だけが長く残ってほしいです。 これまで『イルタ·スキャンダル』とチヨル、そして『ヨルソンカップル』をたくさん愛してくださって感謝申し上げます。」という温かいメッセージで最後まで優しい魅力を見せてくれました。











そうかと思えば、演出を担当したユ·ジェウォン監督と台本執筆を担当したヤン·ヒスン作家は、終映の挨拶とともに最終回をさらに楽しめる観戦ポイントも一緒に伝えました。

まずユ·ジェウォン監督は「残念です。愛されたこともとてもありがたいですが、現場で良い人たちと作業できてさらに感謝の気持ちでいっぱいです。」

「また、久しぶりにヤン·ヒスン作家との作業だったので、さらに意味深かったようです。 視聴してくださったすべての方に感謝申し上げます。」として真心が込められた感謝を表わしました。

続けて「入試という目標をめぐって皆が激しく走ってきました。 修学能力試験以後にノグン路の人々の関係変化がどのようになされるのか楽な気持ちで見守ってくだされば良いと思います。」と観戦ポイントを伝え期待心理を刺激しました。











最後に、ヤン·ヒスン作家が伝えた観戦ポイントは余韻を加えたものでした。

「すべての人生には『喜怒哀楽』があると思います。 ドラマの中のすべてのキャラクターにもそれぞれの話と苦悩と葛藤がありました。」

「ドラマの終点である16話をご覧になって、これから繰り広げられる彼らの人生にまた別の苦難と失敗が迫っても、私たち皆がそうであるように、彼らはまたこのすべての過程を経て再び勝ち抜くという気がしてほしいです。」

「図々しいエンディングではなく『楽しみ(fun)』なエンディングを楽しんでいただければと思います。」と最後の観戦ポイントを指摘しました。











続いて「思いもよらなかった過分な愛をいただき、とても感謝しています。 長い旅程を終えて振り返ってみると、あまりにも欲張った部分があるのではないかと、反省もするようになりました。」

「それでも幸いなことに、人対人でお互いに染み込んだチヨルとヘンソンが、厳しい入試の中でも道理と友情を守り抜いたヘイ、ソンジェ、ゴヌ、スア、そう、私たちの子供たちが、そして彼らのそばで屈せず頼りになって日常を忠実に生きていくジェウが、ヨンジュが、甚だしくは過度な執着で間違った選択をして遠い道を回って再び元の場所に戻ったソン·ジェのママと、スアのママが、悲しい悪党のチ室長まで。 」

「これらすべての人物の真正性を視聴者の方々が調べてくれて愛情を示してくださったという点、生きている人物に息を吹き込んでくださった俳優の方々にも感謝を伝えたいです。」という率直な感想と共に「良いドラマを書く作家になるようこれからも努力します。」というメッセージを伝え、深い感動を加えました。










tvN土日ドラマ「イルタ·スキャンダル」最終回は、今夜(5日)午後9時10分に放送されます。








ひとこと


今夜、16回を走り終える「イルタ」。お別れの挨拶を読むとやはりジーンとしてしまいますが、ヨルソンカップル、苦労した受験生たちetc…皆のゴールをしっかりと見届けたいですね♪


✳︎写真はtvN,EUISIK OHInstagramより記事はmksports.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«