韓国旅行|『涙の女王』カップル【キム·スヒョン♥キム·ジウォン再会なるか···SDA栄光の主人公は誰に?

韓国旅行|『涙の女王』カップル【キム·スヒョン♥キム·ジウォン再会なるか···SDA栄光の主人公は誰に?



SDA個人賞候補に上がったキム·スヒョン、キム·テリ、ソン·ガンホ、チェ·ジョンヒョプ



世界を注目させた346編のドラマがソウルドラマアワード(SDA)で競争します。

ソウルドラマアワード組織委員会(委員長パク·ミン)は「今年の出品受付結果、48ヶ国で歴代最大規模の346編のドラマが参加した」として「アジア、ヨーロッパ、米州、アフリカなど全大陸で昨年一年間世界を注目させた作品と監督、俳優、作家が大挙受け付けられました。」と明らかにしました。

国際競争部門では△「ゲーム·オブ·スローンズ」製作陣の参加で公開前からファンダムを起こした「三体」(NETFLIX)、「花様年華」で有名なワン·カウィ監督の初ドラマ「繁華街」(テンセント)

ミッド興行作「グッドワイフ」のスピンオフドラマで関心を集めた「エルスベス」(パラマウント)、「ペーパーハウス」の人気キャラクターだったベルリンを主人公にしたプリクール作「ベルリン」(バンクーバーメディア)など336編が本通行チケットをめぐって競争します。













韓国俳優のチェ·ジョンヒョプが主演として出演し「ヒョプ様」シンドロームを起こした日本TBS「アイラブユー」も目につきます。

「The Zweiflers」(ZDFスタジオ)、「The Seed」(オデオンフィクション)等、フランスのカンヌシリーズ、英国アカデミー授賞式、モンテカルロTVフェスティバル受賞作も相当数出品され、帰趨が注目されます。








ソウルドラマアワード出品作




Kドラマ部門にも優位を争うのが難しい作品が大挙出品されました。 「ムービング」、「サムシクおじさん」、「ヴィジランテ」(Disney+)、「涙の女王」(Studio Dragon)、「殺人者のパラドックス」(NETFLIX)、「恋人」(MBC)などが受賞の機会を狙っています。












個人賞候補も華やかです。 キム·スヒョン(涙の女王)、キム·テリ(悪鬼)、ソン·ガンホ(サムシクおじさん)、チェ·ジョンヒョプ(アイラブユー)、アナ·スーツ(Push)、アンセル·エルゴート(東京バイス2)、チン·チョルウォン(闘闘将富主)などの俳優たちが国際競争部門とKドラマ部門の候補に名前を上げました。

この他にスザンナ·ホワイト(リッチアメリカンガールズ)、ジャック·ウィリアムズ(ザツーリスト2)のような国際的名声の監督や作家たちも個人賞に推薦されて9月の舞台に上がることが期待されます。











今年のソウルドラマアワードは南アフリカの出品で5年ぶりに6つの全大陸が参加することになり、イラク、ラトビア、ボスニア·ヘルチェコビナは初出品で関心を集めています。

また、NETFLIX、Disney+、GLOBOなど14社のOTT社から53本のドラマが出品され、グローバル市場でソウルドラマアワードの地位を確認させました。










全世界のドラマ産業の発展とドラマを通じた人類の和合を目標に2006年から開催されているSDAは文化体育観光部とソウル特別市、KBS、MBC、SBS、EBS、CBSの後援で9月25日~27日まで開かれます。

9月25日の授賞式(SBSテレビ生中継)、9月26日~27日にはソウル盤浦漢江公園で話題作の監督、俳優などが参加するドラマトークコンサート、ドラマ体験館など多様な付帯イベントが用意される予定です。



ひとこと


ちょうど10年前、2014年「星から来たあなた」でSDAで最優秀主演男優賞を受賞したスヒョンさん。10年ぶりのレッドカーペット登場も楽しみで俄然秋が待ち遠しくなりましたね!


✳︎写真はjoynews24,SDAより記事はastar1.cpm,joynews24.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«