韓国旅行|【スタジオドラゴン】市場悪化にもかかわらず営業利益増加…Kドラマへの関心に注目♪

韓国旅行|【スタジオドラゴン】市場悪化にもかかわらず営業利益増加…Kドラマへの関心に注目♪







現代自動車証券は7日、スタジオドラゴン(52,600ウォン▲00%)について、市場状況の悪化にもかかわらず、二桁台の堅調な成長率を見せていると分析しました。

来年はスタジオドラゴンの売上減少が憂慮されるものの、米国ドラマと大作を増やし売上防御に乗り出す予定だと見ています。 前取引日のスタジオドラゴンの終値は5万2600ウォンでした。











現代自動車証券は今年、スタジオドラゴンの売上高を前年比12%増の7800億ウォン、営業利益は前年比7%増の700億ウォンと見込みました。

現代自動車証券のキム·ヒョンヨン研究員は「キャプティブTV編成が急減し、オンライン動画サービス(OTT)ドラマが萎縮する状況ですが、着実な成長傾向を見せている」と説明しました。

現代自動車証券はスタジオドラゴンの業績成長要因として大作ドラマの集中的な受注を挙げました。

キム研究員は「全般的な製作費が増加する環境の中で大作ドラマを同社が受注を持続した」として「その結果、放映回は20%減少したものの二桁台の売上増加率を記録した」と話しました。

また「利益増加はNETFLIX契約条件が改善され、下半期から月火劇を地域別に個別販売に乗り出しマージンを極大化できたことに起因する」と付け加えまhした。













来年はスタジオドラゴンのドラマ編成本数が27本で、前年比5本減り、売上減少が懸念されています。

現代自動車証券はスタジオドラゴンの来年の売上高を前年比3%減の7600億ウォン、営業利益は前年比9%増の760億ウォンと予想しました。

キム研究員は「米国ドラマおよび大作増加で売上を防御し、営業利益は月火劇の販売チャンネル多角化効果、アスダル年代記MMORPG(多重接続役割遂行ゲーム)などIP事業成果で増加するだろう」と話しました。

キム研究員は「来年のKドラマ市場は第1四半期「パチンコシーズン2」、第4四半期「イカゲームシーズン2」など製作費1000億ウォン水準の超大型作品が布陣し、途中で『涙の女王』等400億~500億台の大作も多数公開される予定」と説明しました。

彼は「エンター株に集中現象が激しかったKコンテンツ需給がドラマに分散され、大将株であるスタジオドラゴンに関心を持つ時期だ」と話しました。



ひとこと


振り返ってみれば今年も大豊作だったKドラマですが、来年はさらにすごいことになりそうな予感です!今月公開の「マエストラ」「京城」を皮切りに「涙の女王」から「イカゲーム」まで…ワクワクしますね♪


✳︎写真はNETFLIX他より記事はbiz.chosun.comからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«