韓国旅行|大人気ドラマは”ソン·イェジン♥ヒョンビン’s結婚式”オマージュ?『涙の女王』→『ソンジェ背負って走れ』」も捉えた!

韓国旅行|大人気ドラマは”ソン·イェジン♥ヒョンビン’s結婚式”オマージュ?『涙の女王』→『ソンジェ背負って走れ』」も捉えた!








キム·スヒョンに、ビョン·ウソクも。 「涙の女王」に続き「ソンジェを背負って走れ」もやはり話題性を独占し有終の美をおさめた中で、二つのドラマの共通点が発見されました。

「ソン·イェジン、ヒョンビン夫妻の結婚式」をオマージュしたという意見です。

28日、tvN月火ドラマ「ソンジェを背負って走れ」が自身最高視聴率で終映した中で、リュ·ソンジェ(ピョン·ウソク)とイム·ソル(キム·ヘユン)の結婚式衣装が話題を集めました。












まさに2人の結婚式の写真の中のスーツとドレスが俳優ヒョンビン、ソン·イェジン夫婦の姿と同じだということ。

実際、夫婦の俳優ヒョンビン、ソン·イェジンのウェディングの時の姿と似ているどころか、同じだという意見が相当でした。

さらに、ヒョンビンとソン·イェジンがウェディンググラビアを撮影しながら着たスーツ、ドレスで、蝶ネクタイでポイントを与えた姿まで同じだと驚きの反応です。

これは「ソンジェ背負って走れ」以前にtvN最高視聴率を記録したtvN土日ドラマ「涙の女王」でも同じでした。














初放送で財閥相続女ホン·ヘイン(キム·ジウォン)と弁護士であり梨農家の息子ペク·ヒョヌ(キム·スヒョン)のきわどい結婚生活が描かれましたが、特に漢江が開けたところで行った野外結婚式が話題になりました。

やはりヒョンビンとソン·イェジンが結婚したホテルの結婚式場で撮ったものと見えた場所が目を引き、2人の結婚式と類似した姿で飾られていて視線を強奪しました。













とりわけパク·ジウン作家の「愛の不時着」で恋人として呼吸を合わせたヒョンビンとソン·イェジンが実際に恋人に発展、結婚式を行ったホテルもあたかも童話の中の主人公のようだとして話題になった経緯があったからです。

そのため、ファンはそのシーンに喜び、懐かしい映像を喜んだのです。 そんな中、「涙の女王」に劣らない話題性を取ったドラマ「ソンジェ背負って走れ」で、やはり「ソン·イェジン、ヒョンビン夫妻の結婚式」をオマージュしたようだという反応を見せ、注目を集めています。

劇中、二人の結婚式のシーンは、ヒョンビン、ソン·イェジンの結婚式場だったソウル広津区グランドウォーカーヒルソウルのアストンハウスで撮影されました。

か細い肩を表わしたキム·ジウォンのウェディングドレス、2人が立っているアーチ型の花飾りもやはりヒョンビン、ソン·イェビン夫妻の結婚式を連想させます。 その結婚式場は、花飾りの価格だけで数千万ウォン台だといわれています。













一方、「ソンジェ背負って走れ」という人生の意志を手放した瞬間、自分を生きさせてくれた有名アーティスト「リュ·ソンジェ」。

彼の死で絶望した熱烈なファン「イム·ソル」が最愛の人を生かすために時間をさかのぼって2008年に戻るタイムスリップ救援ロマンスです。

28日(火)に放送されたtvN月火ドラマ「ソンジェ背負って走れ」最終回はリュ·ソンジェ(ピョン·ウソク)とイム·ソル(キム·ヘユン)が互いのそばを堅く守り、歴代級の運命叙事の美しい終止符を打地ました。

最終回の視聴率は首都圏世帯基準平均7.2%、最高8.7%、全国世帯基準平均5.8%、最高6.9%を記録し、自体最高を更新しました。

tvNターゲットである20-49歳男女視聴率は、首都圏世帯基準平均4.4%、最高5.2%、全国世帯基準平均3.9%、最高4.5%を記録し、前回8週連続地上波を含む全チャンネル同時間帯1位を占め、成功裏に終えました。

tvN土日ドラマ「涙の女王」も終映した16回(最終回)で24.9%というtvNドラマ歴代最高視聴率を塗り替え、大盛況のうちに幕を閉じました。

ネチズンたちは「ヒョンビン、ソン·イェジンの結婚式が歴代級だったから。」「皆よく似合うね。」「2カップルとも実際にカップルになってほしい。」などの反応を示していました。




ひとこと


現実とドラマの区別がつかない?ほど皆さん本当に素敵!これらのオマージュはやはり「愛の不時着」カップルへの感謝とリスペクトからなのでしょう。温かい気持ちが伝わりますね♪


✳︎写真はtvN,osenより記事はosen.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«