韓国旅行|『無人島のディーバ』視聴率上昇に導いた癒しの力の数々…♪

韓国旅行|『無人島のディーバ』視聴率上昇に導いた癒しの力の数々…♪








胸にじ〜んとくるストーリーに響き渡る声まで。 俳優パク·ウンビン主演の土日ドラマtvN「無人島のディーバ」が大韓民国にヒーリングエネルギーを伝播しています。

先月28日に初放送された同作品は、15年ぶりに無人島で救助された歌手志望生ソ·モクハ(パク·ウンビン)のディーバ挑戦記を描いた作品。

昨年「ウ·ヨンウシンドローム」を起こしたパク·ウンビンの次期作で、放映前から大きく注目されました。

「無人島のディーバ」第1話は視聴率3.2%(ニールセンコリア、全国基準)で始まりました。 2回5.2%、3回5.6%、4回8%、5回5.4%、6回7.9%、7回6.1%を記録しましたが、19日に放送された8回は8.7%で自己最高視聴率を更新しました。

今年下半期に低調な成績を記録してきたtvNに「無人島のディーバ」は日照りの中で恵みの雨のような存在でしょう。

「悪霊狩猟団カウンターズ2」最終回は6.1%で、前シーズン(11%)より半分になった視聴率を記録し、「アラムンの剣」は2~4%台の視聴率を維持しましたが、4.6%で幕を閉じました。

この他にも「生まれ変わっても、よろしく」(4.5%)、「無駄な嘘」(3.4%)など期待作が相次いで低調な成績を出しました。 「無人島のディーバ」がtvN救援投手として出た中で、人気要因3つを解説します。












◇作家·監督·俳優の「完璧な組み合わせ」

「無人島のディーバ」は「あなたが眠っている間に」、「スタートアップ」で呼吸を合わせたオ·チュンファン監督とパク·ヘリョン作家が3番目に意気投合した作品です。

主人公のソ·モクハは15年間無人島で一人暮らしをした人物。 15年ぶりに無人島に人々がやってきて救出され、歌手の夢に一歩ずつ近づきます。

このような設定は現実ではあり得ない劇的な装置です。 しかし、このような強引な設定にも視聴者たちは熱く反応しています。 まさに作家、監督、俳優まで3拍子がよく合っているためです。












「ドリームハイ」、「君の声が聞こえる」、「ピノキオ」など若者たちの話を特別に描いてきたパク·ヘリョン作家は今回も特技を遺憾なく発揮しました。

15年間止まっていた夢のために一歩一歩進む話が視聴者の共感を得て、これは視聴率上昇につながりました。

ここにそれぞれのキャラクターを美しく盛り込んだオ·チュンファン監督とパク·ウンビン、キム·ヒョジン、チェ·ジョンヒョプ、チャ·ハギョンなど俳優たちの熱演まで加わり、もう一つのウェルメイド作品が誕生しました。












◇ヒーリング·コミック·ミステリー「ジャンル的多様性」

「無人島のディーバ」は表向きには美しい童話のようですが、多様なジャンルが盛り込まれ見る面白さを加えています。

ソ·モクハが歌手の夢を叶えていく過程を通じてはヒーリングを与えますが、カン·ボゴル(チェ·ジョンヒョプ)、カン·ウハク(チャ·ハギョン)兄弟が父親のカン·ボンワン(イ·スンジュン)に追われる姿はミステリーで緊張感のあるように描かれています。

また、この作品は家庭内暴力被害者たちの痛みを照明しています。 中学校時代、ソ·モクハとチョン·ギホは暑い夏にも春秋服を着なければならないほど全身にあざを抱えて暮らしていました。

ソ·モクハは暴力を日常的に行う父親のために春三島を抜け出そうとしたが無人島に閉じ込められてしまい、父親から逃げたチョン·ギホは名前を変えたまま隠れて暮らしています。

「無人島のディーバ」の面白さポイントの一つは、そんなチョン·ギホの正体。 無人島を脱出したソ·モクハがチョン·ギホを捜し出す過程は毎回大きな面白さを与えました。

チョン·ギホの正体がカン·ボゴルだったという事実が明らかになる直前まで、視聴者たちは彼の正体をめぐって熱い討論を続けました。












◇不可能はないという「希望」

「無人島のディーバ」は不可能という希望のメッセージを伝えます。 16歳で無人島に閉じ込められ、31歳になったモクハには15年という時間が削除されたわけです。

歌手の夢を叶えようとするモクハの前に「年齢」という現実の壁が遮ります。 しかし、モクハは、「次に、次が増えれば、こんなこと、あんなこと、後悔もそれだけ多くなりますよ。だから、もう私は無条件に今すぐやりたいことをします」と屈せずに前に進むのです。

このように「無人島のディーバ」はもう遅いと思う若者たちに勇気と応援を渡すのです。

オ·チュンファン監督は、「『無人島のディーバ』は面白くて癒されるドラマだ。 15年ぶりに無人島から救出されたキャラクターの話だが、初めてこの台本を受け取った時、まるで自分の話のようだった」

「そのような方々に近づくことができる、ヒーリングできるドラマになるのではないかと思ったのです。」と明らかにした。

彼の言葉のように「無人島のディーバ」は今閉じ込められていると考える多くの人々に夢と希望を伝え愛されています。










ひとこと


モクハの方言はどこか「ドリームハイ」のサムドンを思い出させ、キラキラ輝く真っ直ぐな眼差しにもパク·ヘリョン作家がこれまで描いてきた主人公たちが重なります。わずか4回を残すのみ…モクハの夢の先が気になりますね♪


✳︎写真はtvNより記事はedaily.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«