韓国旅行|終映を控えた『無人島のディーバ』視聴率·話題性·グローバル3拍子完成♪

韓国旅行|終映を控えた『無人島のディーバ』視聴率·話題性·グローバル3拍子完成♪







「無人島のディーバ」が国内外の視聴者の熱い声援の中で幕を閉じます。

tvN土日ドラマ「無人島のディーバ」が3日に終映します。 15年ぶりに無人島から救助された歌手志望生ソ·モクハ(パク·ウンビン)のディーバ挑戦記を描いたドラマ「無人島のディーバ」は10月に3.2%の視聴率で始まり、2回で5%の視聴率を突破、4回で8%台の視聴率に到達しました。

その後、先月19日、最高視聴率8.7%を記録し、地上波を含めた全チャンネル同時間帯1位を占めました。

今年放映されたtvN土日ドラマの中で3月17%視聴率で終映した「イルタ·スキャンダル」の次に高い視聴率を記録し2023年tvN土日ドラマ視聴率2位に上がりました。

「恋人」、「力の強い女カン·ナムスン」、「高麗契丹戦争」など錚々たる競争作の間でも光を放ちました。 まだ終映まで2回を残しており、より高い成績を期待させています。












さらに、Kコンテンツ競争力分析プラットフォームであるファンデックスが発表したTV-OTT総合話題性順位(2023.11.20.-2023.11.26)で1位を占める気炎を吐きました。

ソ·モクハとカン·ボゴル(チェ·ジョンヒョプ)の本格的なロマンスが始まり、パク·ウンビン、チェ·ジョンヒョプの名前もドラマ出演者の話題性1、2位を並んで飾りました。

オンライン動画ストリーミングプラットフォーム(OTT)のNETFLIXを通じて海外の視聴者と出会い、グローバル人気も熱くなりました。

グローバルOTT順位集計サイトのFlixPatrol基準で日本、香港、ブラジル、メキシコ、チリ、インドなど全世界40ヵ国余りのテレビショー部門TOP10に上がったのはもちろん、グローバル5位に上がり、世界的な人気を立証しました。











「無人島のディーバ」は放送開始前に俳優パク·ウンビンが劇中に登場するソ·モクハの歌を直接歌ったと伝え話題を集めました。

続いてソ·モクハが15年間滞在していた無人島から脱出し、偶像であるユン·ランジュ(キム·ヒョジン扮に会う過程、時期外れの歌手という不名誉とスランプに陥ったユン·ランジュを応援するソ·モクハの情熱。

そんなソ·モクハの夢を応援する学生時代の友人カン·ボゴルとの再会と愛、兄弟であるカン·ボゴルとカン·ウハク(チャ·ハギョン)の過去にまつわるソ·モクハの犠牲などは視聴者を「過没入」に導きました。












パク·ウンビンの努力の末の魅力あるキャラクターたち、しっかりとしたストーリーと感覚的な演出、俳優たちのケミなどが一堂に会し、今日の「無人島のディーバ」を完成しました。

そんな中、3日、4日に放送される最終回は、ソ·モクハが夢を実現する最後の段階に進む予定です。

先立ってソ·モクハはデビューアルバム発売を控えて色々な危機を迎え難航しました。 デビュー成功のためにユン·ランジュまで積極的に乗り出した状況です。

カン·ボゴルは自分がソ·モクハの障害になるかもしれないという憂慮の中で別れを決心し、家庭内暴力のくびきから生きてきた痛みを突破しようと思います。

無人島の少女からディーバに成長したソ·モクハの華麗なデビューをはじめ、自分の痛みを乗り越えていくカン·ボゴル、歌手からプロデューサーに変身するユン·ランジュなど、それぞれ一段階成長していく人たちが人生第2幕を開ける鍵を見つけられるか、最終回に向けた関心が集中しています。

「無人島のディーバ」は2、3日夜9時20分に放送されます。



ひとこと


皆、それぞれが自分に相応しい道に進むドアの鍵を開けるため…結局は自分の痛みは自分で乗り越えなければならないことを爽やかに悟らせてくれて、いよいよ大団円。じっくり見届けたいですね♪


✳︎写真はtvNより記事はsportsq.coからお借りしました。

«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

ソウルのおしゃれ

おかげさまで増刷されました!
ありがとうございます!
 
管理人が書いた、韓国旅行の上級者向けの本
→「ソウルのおしゃれ」はこちらで感想を確認できます

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
韓国旅行ブログ村

トラックバック & コメント

コメントを書く


»
«